フサフサになりたいよ!

ハゲは辛いよ

ハゲは辛いよ

 

頭が剥げてくると心も剥げてくる気分になります。なんだか大事なものがすっぽり抜けてしまった
かのような気分になってしまいます。しかしハゲていたって成功している人は沢山居ます。
ハゲの偉人もいっぱい居ます。なので言い訳にしか過ぎません。
例えば、スティーブ・ジョブズ、孫正義、ブルース・ウィルス、志村けん、岡村隆史、
ジダン、アルシンドなどハゲてるハンデを物ともせず社会的にも経済的にも成功して
大きな名声を手に入れています。

 

しかしそうは言ってもそんな偉人たちと凡人の我々では全く環境も収入も違うし、
名もない一般人が禿げたらもうその人はハゲとしか言われません。
髪の毛がまた勝手に生えてくればいいのですが、そういうわけには行きません。

 

育毛剤や毛生え薬、植毛など様々な手段がありますが、どれが自分にあっていて、
本当に効果があるのか分かりません。
生えたという話や全く効果がなかったという話も非常に多く、
信用していい情報とそいうでない情報の区別が難しくなっています。
あながちハゲ克服は情報戦だといったレオナルドダビンチの名言は今も頭にこびりついています。
いつからハゲるのが正しいのか分かりません。しかし少なくとも20代、30代で
ハゲるのは避けていものですね。
しっかり効果のあるハゲの薬を実感したいものです。そのさい副作用が無ければなおグッドですね。
しかしそんな特効薬が出来たらきっとノーベル賞ものでしょうね。

 

最近渋谷に行っても昔のようにお兄系ファッションをした若者をなかなか見なくなりました。
センター街を歩いていても一昔まえなら髪を盛ったギャル男がたくさんいたのに、
今では全然見かけません。なぜこれほど廃れたのでしょうか。お兄系、ギャル男全盛期は
この隆盛が永遠と続くものだろうと思ったものです。

 

しかし、栄枯盛衰は世の常ですね。いまではギャル男のバイブルとも言われてたメンズエッグも
廃刊に追い込まれて数少ないお兄系は歌舞伎町にしかいなくなっています。
髪を持っているファッションをしている人といったら今では歌舞伎町のホストくらいしか
いないのではないでしょうか?

 

それほど、少なくなっています。その代わりに流行っているのは悪羅悪羅系ですね。
元々渋谷から派生したファッションなので共通的な部分がありますけど、
前者は男らしい短髪のヘアースタイルであるのに比べ、お兄系は長くてまるで超サイヤ人みたいな
髪型になっています。ここが一番の違いなのではないでしょうか。

 

それで、昔、ギャル男をしていたような層はそちらへ移行したり、きれいめ系になっていたり
するのです。草食系男子も増えてきた中なかなか自己主張の強いファッションを
するわかものも 減ってきました。眉を顰める大人も多かったですが、
一方寂しい気分にもなりますね。

 

20代後半のメンズファッション通販特集@かっこいい大人服

 

続きを読む≫ 2014/09/06 18:09:06

こんにちは。僕は借金でいつも旅行に行っています。だってお金が無いんですから借金いないといけないでしょ。
クレジットカード、消費者金融、カードローン、キャッシングは僕の友だちです。
いままで散々借金をして少しだけ返さないだけで友達の縁を切られてしまいました。

 

返済の催促はもうしてきませんが、それならそうと考えがあります。
僕はいつも借金に対しては誠実に向き合っているつもりです。

 

それは、返済に遅れる時は必ず心配をかけないように連絡をしないことです。
電話がかかってきても絶対に出ませんし、メールも返信しません。

 

なぜならすぐに返せないですし、余計な心配を債権者の方たちにかけてしまうからです。
それって恩を仇で返すような行為になるのではないかと思っています。

 

だから音信不通状態にしておきます。そうすればそのうち催促の電話もかかってこなくなります。
そして何事も無く時間が過ぎ去るのです。僕はそれを繰り返してきました。
返さないんじゃありません。永久に借りておくだけなのです。
それが僕の誠実さなのです。だめなら債務整理すればいいのです。

 

自己破産など借金が全額免除になるので、凄くありがたいシステムですね。
僕のような誠実な人間が救われるシステムです。

 

借金 無料相談

 

続きを読む≫ 2014/08/29 17:42:29

こんにちは。私は自己啓発マニアの22歳の大学生です。
学生でありながら、毎日鬱屈した生活を送っているため閉塞感に苛まれてきました。
まわりの楽しそうな人たちをみて劣等感を感じたり、怒りにも似た屈折した
感情を抱いていました。

 

しかし、そんな自分の殻を破って人生を変えなくてはいけないと思ったのです。
そうしなければいけないと説得され50万円の人生改造セミナーに参加しました。
そこで凄く高揚感あるプレゼンをされて、その時は凄くやる気になりました。

 

しかし、次の日になってみるとやっぱり元の自分に戻ってしまいました。
やっぱり自分はダメなのかと思っていた所、それを解決するための案内が来たのです。
それはマンツーマンのコンサルを受けることです。
コンサル期間三ヶ月で150万円しました。

 

年収1億円を秒速で稼いでいた人なので、その時は高額でも価値あるものだと
思ってしまい、借金をして申し込みをしてしまいました。
いろんなカード会社や消費者金融から借りていたので凄い借金地獄になってしまいました。

 

コンサルの内容はお粗末で自分は変わる事が出来ませんでした。
いや、より状況が悪化したので、悪い方向に変わったのでしょうね。

 

こっちの質問への返答は中々こないし返ってきても一週間とかします。
返金請求をしても梨の礫というやつです。

 

今考えれば詐欺だったんでしょうね。

 

民事再生

続きを読む≫ 2014/08/14 17:56:14

なめし革のニットを購入したいから、どこからか仕入れたいと思います。
最近の凄い仕入れ場所はアメリカのミズーリ州です。
あそこはニットの原産地で、世界中でも素晴らしいニット職人が集まっており、
高品質のニット素材のメンズアパレルを製造しています。

 

例えば、ニット帽やニットのカーディガンなど2015年の冬シーズンに流行りそうな
アイテムをたくさん揃えています。
これによって私のファッションのバリエーションも格段に上がりました。

 

ニットを購入するなら是非アメリカ産、メイドインアメリカのものを使って下さい。
そうすれば最高の品質が保証されていますよ。間違ってもメイド・イン・チャイナの
ものは使ってはいけません。それは凄く手を抜いて作られている可能性が高いからです。

 

人件費も安いので、従業員のモチベーションも低いし、きっちり作られて無く、
糸が解れている可能性も否定出来ないからです。そういう服を着ていると、
せっかくデザイン面で気に入ったものでも、すぐに破れてしまったり、糸がちょろっと
出てきたりしてしまって、格好わるい思いをしてしまうからです。
そんなメンズニットは3900円が適正価格といったところでしょうね。

 

大学生のメンズ服通販特集

 

 

続きを読む≫ 2014/08/08 22:59:08

私はクロップドパンツが大好きです。オシャレに目覚めて中学デビューしてから
常にクロップドパンツを着ていました。好きすぎてシーズンオフの冬の時期にも履いていたいくらいです。

 

種類も様々で、チノパンタイプ、ジーンズタイプ、。カーゴタイプ、チェック柄、スキニータイプなど
様々な種類、柄、カラーの物を取り揃えています。
我が家のタンスにはなんと、100着以上のクロップドパンツがおいてあります。

 

一日一着来ていても三ヶ月以上かかる計算ですね。
そこまでクロップドパンツにこだわるのであれば私のすね毛はつるつるなのではないかと思うのでしょうが、
残念ながらまだ脱毛はできていません。

 

私は脱毛に抵抗があるので、カミソリで剃っていましたが、限界がきてしまたので、
最近レーザー脱毛が出来る医院に足を運んでいます。

 

しかしすぐクロップドパンツが似合うスネになることは出来ないので、
回数を重ねて1,2年通うことが必要なのだそうです。
ちょっと辛いところやチクっとした痛みもあるのですが、
これもオシャレのためと我慢したいと思います。

 

我々オシャレメンズは、暑さや寒さだけでなく痛みも我慢出来るのです。
これが究極のオシャレ魂というもので、こだわればこだわるほど成長するものなのです。

 

マネキン買い メンズ

 

 

続きを読む≫ 2014/07/15 17:57:15

最近では男の長髪をロン毛とは呼ばないようです。
筆者がまだ中高生のとき、それは中高生の時代になりますが、ロン毛という呼び方をしていました。
その時絶大な人気があったスマップの木村拓哉を筆頭に、トキオの長瀬智也、堂本光一、
反町隆史など
様々な若手芸能人がこぞってセンター分けのロン毛にしていました。

 

あの時代はみんな判を押したように同じような格好をしていたので、いささか気持ち悪かったです。
さしあたってはそのあたり今の時代も変わってなくてそこに日本人の進歩の無さを感じてしまうのは、
私だけだろうかと思います。

 

それから足元はビーサンを履くのがオシャレの極みといったところでしたね。
今ではクロップドパンツなる七分丈のシャレたズボンが売られていますが、当時はスネ丸出しの
ハーフパンツくらいしかありませんでした。

 

ちょっとしたデートに履いていくにはあまりにもラフすぎる感じだったので、
使い道は近所のコンビニエンスストアへの買い物くらいだったのではないでしょうか?
格好を付けたがる人が多かったのは事実です。
今よりもみんな流行を気にしているのでしょう。

 

しかし今のオシャレはどんどん格好良さよりも楽さを重視するようになってきて、
昔では考えられないですが、外着用のスエットなんて出てきました。

 

夏 メンズファッション

続きを読む≫ 2014/07/09 11:55:09

やはり男の服装で気をつけるべきアイテムのナンバーワンは靴下でしょう。
いろいろなものがありますが、最近ではくるぶしまでの長さの足袋みたいな靴下が主流になっています。
これは15年くらい前からスタートして段々広まってきましたね。

 

私なんて10年前は白いよれよれの靴下を履いていたのでとても恥ずかしい思いをしました。
周りの人達は多分心のなかで笑っていたのでしょうね。気付かずに母親が購入した靴下を
無邪気に履いていました。それが私の靴下に対しての20代の時の思い出です。

 

年齢も26歳を過ぎた頃から自分で服を購入するようになって、気が付きました。
今まで履いていた白のハイソックスがダサいということを。
世の中のトレンドが全くわかりませんでした。

 

怖いものです。興味が無いことに対しても積極的に情報収集していないと、
大恥をかくことになってしまいますから。

 

まあそれはさておき現在靴下をどうすrのかというと、一番いいのはイエローのハイソックスです。
今主流の靴下のトレンドを踏まえた上であえてそれを崩すのがオシャレというものです。
なんでもかんでも流行に乗ればいいというものではありません。

 

自分の独創性というものを磨いていかなければその他大勢になってしまい、
頭角を表すことができません。

 

30代ファッション メンズ

 

続きを読む≫ 2014/07/04 09:55:04

これからファッションを考える上でしっかり高齢者もターゲットに入れて行かなければいけないと
思います。ファッションとはモテるためのアイテムと考えられているし、じっさい
そのために購入する層が非常に多いのですので、
高齢者は安くて機能性がいい服を選ぶ傾向があります。

 

しかし、本当にそうなのでしょうか?
高齢者の中にもオシャレを楽しみたかったり純粋に着飾りたいひとも少なからずいるわけです。
今後益々少子高齢化によって若者の市場が縮小し、シルバーマーケットが拡大していきます。
今若い人たちも年々年老いてシルバー世代になっていくわけです。

 

なので、その近い未来を見越してシルバー世代もしっかり取り込めるようなファッションを
考えていかなければいけません。
今の40代の人は昔の40代に比べるとずーっとオシャレに対しての意識は高いです。
この世代が定年を迎える頃には、おそらく高齢者がオシャレをすることが当たり前に
なってるかもしれません。

 

しかしその時に我々ファッション業界が準備しても遅いのです。
そしてそういった高齢者も2014年現在少ないですが、出てきています。
しかしそのニーズに答えられるようなファッション雑誌もありませんし、
アパレルショップもありません。

 

男子高校生ファッションを買うならこのURLをクリック

 

 

続きを読む≫ 2014/06/21 11:23:21

私は借金を死ぬほど背負っている贅沢三昧OLちゃんです。

 

月給はたったの20まんくらいで、毎日ムカつくはげおやじの上司にこき使われて辟易としています。
時にはセクハラ、時にはパワハラで毎日がうんざりで憂鬱な日々を送っています。
そんな私はいろいろなセレブな職種の男性たちと合コンを開いています。

 

友達にアラサーのOLがいるのですが、その娘がいろいろセッテングをしてもらいます。
今度弁護士の人たちと合コンをすることになりましたが、
早く顔を合わせたいと思っています。

 

そしてあわよくばイケメンの若手弁護士と付き合いたいと思います。
その人達は債務整理の得意なアディーレ法律事務所で働いているようです。
あそこはイケメン弁護士が多いので、すごく、期待持てます。

 

私の借金も彼らの債務整理パワーでチャラにしてもらいたいですね。
そうすれば、ヴィトンなバッグにシャネルのスニーカーなど買いたい放題です。
カードローンなんて踏み倒したいですね。

 

そしてゆくゆくは結婚してハッピーな家庭を築きたいと思っています。
欲望丸出しですが、そういう人生を歩めればと思っています。
どうすればいいのかわかりませんが、とりあえずアタックしたいですね。
ガツガツ行くのもあるいみ斬新でいいかもしれません。

 

借金問題は弁護士に相談@えっ!そんなに負担が減るの?

 

 

続きを読む≫ 2014/06/17 23:10:17

今では過激な厳しい取立は禁止されていますが、昔は暴言怒鳴りこみ、そして脅迫は当たり前でした。
時には暴力なども横行していた時代です。
僕は子供でオヤジがギャンブルや夜遊びで何百万円も借金していました。常にアベレージで400万円程
借金をしていたらしいです。

 

そして、貧乏なのでボロボロの長屋に母親と弟と暮らしていました。4人家族です。
そこへ借金取りがよくやってくるのです。ドアをガンガン蹴りながら「おい!○○!いるんだろう!」
ドスの利いた怒鳴り声が近所中に響き渡りました。

 

僕らは気配を消して借金取りが帰るまで必死に居留守を使っていまいした。
しかし時には居留守がバレてこっぴどく脅され金返せと詰められました。
今日の食費も分捕られてその日は食事無しになったときも珍しくありませんでしたね。
懐かしくも嫌な思い出です。

 

そんな両親も気苦労から母は病気で無くなりました。父はアルコール中毒で飲み過ぎの肝炎により
亡くなり家族はバラバラになりました。

 

今はそんなオヤジを反面教師として生きているために絶対に借金をしなようにしています。
お金を借りるということがいかに恐ろしい子とか子供時代に学んだのです。

 

そうすることで幸いにもどん底生活から抜け出すことが出来ました。
けっして裕福ではありませんが、今では僕は子供2人と嫁の幸せな家庭を築いています。

 

債務整理 福岡

続きを読む≫ 2014/06/07 15:17:07